全然早くない!今日から始める紫外線対策

紫外線は肌老化の原因の80%といわれているのはご存知ですか?また、紫外線は“真夏”の風物詩と思われがちですが、実際は季節・天気問わず、絶えず降り注がれているものなんです!今すぐ紫外線対策を始め、老け肌を予防しましょう!

紫外線が肌にもたらす影響って?

photo by Fotolia

紫外線には波長の長い順にA波・B波・C波の3つがあります。もっとも波長の短いC波は地上に届く前にオゾン層で吸収されてしまうため、私たちが実際に影響を受けるのはA波とB波の2つ。具体的にどんな作用があるのでしょうか?

UVA(A波)…シミ・しわ・たるみの原因になる

波長が最も長いため、肌の表皮だけでなく、さらに奥にある真皮まで浸透してしまいます。雲やガラスも通過するため、家で過ごす場合も要注意!また、炎症など目に見える変化が少ないため、紫外線対策が不十分だと、気づいた時には手遅れになることも。

UVB(B波)…シミ・そばかす・サンバーン(日焼けによる炎症)の原因になる

波長がA波よりは短いですが、エネルギーが強いため、表皮に大きな影響を与えます。細胞を傷つけ赤く炎症を起こしたり、メラニン色素を過剰発生させ肌を褐色にしたり、シミ・そばかすなどの原因になったり。

紫外線対策は夏になってからでは遅い理由

エネルギーの強いUVBは4月から紫外線量がぐんぐん増え始め、6~8月でピークを迎えます。一方、UVAは年間を通して紫外線量の変動が少なく、真冬の12月ですら、8月の半分以上の紫外線が降り注がれているのです。つまり、紫外線対策は夏に限ったことではなく、一年中行う必要があるということをお分かりいただけたでしょうか。

具体的に紫外線対策って何をすればよいの?

日焼け止めを塗る

photo by Fotolia

日焼け止めには、SPF・PAといった表記がありますが、SPFはUVBの防御数値・PAはUVAの防御数値を表しています。夏でも日常生活なら、SPF20~30・PA++ほどの数値があれば、ほぼほぼ紫外線の影響は心配しなくてOK◎レジャーや営業活動など、屋外で過ごす時間が長い場合は、SPF50・PA++++など高めの数値のものを選んでくださいね。最近では飲むタイプの日焼け止めもメジャーなので、徹底ケアをしたい人は日焼け止めと併用するのもおすすめです。

日傘・サングラス・帽子を着用する

紫外線は目や髪にもダメージを与える厄介者。目から入った紫外線がシミやしわの原因になったり、視力の低下を引き起こしたりするため、日差しの強い欧米では大人も子どももサングラスを着用するのが一般的です。また、髪や頭皮に紫外線を浴びることで、白髪、抜け毛、切れ毛、フケ、かゆみなど…頭皮環境の乱れにも繋がります。これらを防ぐには、帽子や日傘などで紫外線をカットするのが正解◎つばの広い帽子は髪・顔周りの紫外線対策にはピッタリです!

※一方、物理的に紫外線をガードしても、コンクリートや水面、雪面などに反射して身体に跳ね返ってくるため、日焼け止めは必ず塗りましょう。

光老化を気にせず夏を楽しもう!

紫外線は美容にはマイナスポイントが多い反面、眩しい日差しは夏気分を盛り上げる大事な要素。しっかりと紫外線対策をし、夏を思いっきり楽しみましょう♡そして、年間通して、紫外線対策は続けてくださいね!

Author

熊谷真理
熊谷真理美容ライター、美容系インスタグラマー
ニューヨーク近郊在住のコスメコンシェルジュ。1児のママ。Instagramのフォロワーは2万人超。とくにコンプレックス解消のメイクテクには定評あり。【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!