頭皮が浴びる紫外線量は顔の5倍!髪のUVケアをしないとヤバい理由って?

顔のUVケアは徹底的にするのに、髪・頭皮のUVケアをしている人って意外と少ないのではないでしょうか?頭皮が浴びる紫外線量は顔の5倍以上とも言われており、頭皮を野ざらしにしておくのはちょっとキケン!今回は、紫外線から頭皮・髪を守るケア方法をご紹介します。

頭皮・髪が紫外線を浴びると、どんな影響があるの!?

枝毛・切れ毛・パサつきなど

毛髪はケラチンというたんぱく質が主成分となっており、数種類のアミノ酸が結合しあって形成されています。しかし、紫外線の影響を受けると、これらの結合がバラバラになり、ツヤの象徴であるキューティクルが剥がれ落ちることに…。すると、髪の内部が乾燥し、枝毛・切れ毛・パサつきなどさまざまな問題が生じてしまうのです。

髪の色が抜けてしまう

紫外線は髪の色素を維持するメラニン色素までも分解し、髪の色素を褪色させてしまいます。長時間屋外にいると、髪が赤っぽく焼けて見えるのは、このためです。

頭皮環境が乱れ、抜け毛・薄毛の原因に

紫外線によって毛根部分の細胞がダメージを受けると、発毛を司る毛乳頭細胞もダメージを受け、ヘアサイクルが乱れて抜け毛・薄毛の原因になります。

今すぐ始めたい頭皮・髪のUV対策

紫外線が頭皮・髪にもたらす影響はとても恐ろしいことが分かりました。では、どんな対策をすればよいのでしょうか。

外出時間をチェック

1日の中で紫外線量がピークに達するのは、10~14時までの間。できることなら、この時間帯をハズして外出したいですよね。どうしても外出しなくてはならない場合は、しっかりUV対策をしてから出かけましょう。

外にいるときは帽子や日傘でガード

外出時は帽子をかぶったり、日傘をさすなどして、紫外線をガードしましょう。

分け目を隠して髪を結ぶ

髪を結んでおくと直接的に紫外線を浴びる面積が小さくなるため、頭皮・髪のUV対策になります。また、地肌が見えないよう、分け目は隠すようにしましょう。

髪用の日焼け止めをつける

最近は、髪用の日焼け止めがたくさん販売されています。スプレータイプやミストタイプ、クリームタイプなど、ご自身のお好みのアイテムを使ってケアしましょう。

【おすすめアイテム】

定期的にヘアパックをする

美容室に行ってトリートメントをするのもいいですが、コスト的にちょっと厳しい…という人も多いはず。その場合は、手持ちのトリートメントを使って、おうちでヘアパックをしましょう。1週間に1~2回のペースで行うと、髪がツヤツヤになりますよ!

  1. シャンプー後、髪の水気をよく絞り、髪全体にトリートメントを塗布。
  2. 蒸しタオルで髪全体を覆い、上からシャワーキャップをかぶる。
  3. 5~10分間放置後、よく洗い流す。

頭皮・髪を守って、5年後・10年後もフサフサ美髪をキープ!

紫外線対策というと肌のことがメインになりがちですが、頭皮・髪のUVケアを怠ると、将来的に抜け毛や薄毛などのトラブルで悩むことにもなりかねません。5年後、10年後も髪のトラブル知らずでいるためには、今のうちからのお手入れが肝心。ぜひ、頭皮・髪のUVケアを始めましょう!

Author

熊谷真理
熊谷真理美容ライター、美容系インスタグラマー
ニューヨーク近郊在住のコスメコンシェルジュ。1児のママ。Instagramのフォロワーは2万人超。とくにコンプレックス解消のメイクテクには定評あり。【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!