「ひと夏の恋」で終わらせない!長続きする本気の恋愛の秘訣

恋人募集中の女性にとって、出会いのチャンスが増える夏は、勝負の季節ですよね。そうはいっても、期間限定のアバンチュールを楽しむだけで、その後につながらないのは困りもの。どうしたら「ひと夏の恋」を長続きさせられるのでしょうか?
今回は、気持ちが盛り上がって夏の恋が生まれやすい場所や、真剣交際につなげるポイントをご紹介します。今年こそは本気で恋人を作りたいと意気込んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

「ひと夏の恋」とはどんな恋愛なの?

photo by Fotolia.com

そもそも「ひと夏の恋」とはどのような恋愛のことを指すのでしょうか? 一般的な意見としては、以下のようなイメージを抱いている方が多いようです。

  • 夏の季節に期間限定で付き合うこと
  • 夏に出会った人と体の関係を持つこと
  • 夏の雰囲気で意外な人と恋に落ちること

…など。このような「ひと夏の恋」には、「期間限定である」「一度だけ体の関係を持つ」「夏が終わると恋も終わる」「後腐れなく良い思い出になる」「切なさやほろ苦さを感じる」といった特徴が挙げられます。
夏は特別なイベントが多い季節です。海の近くでバカンスをしたり、海外旅行をしたり…。気温が高いため薄着になることが多く、開放的な気分になりやすい季節でもあります。そんな夏だからこそ、いつもより恋に大胆になれるのかもしれませんね!

「ひと夏の恋」が生まれやすい場所

photo by Fotolia.com

まだお相手がいない女性は「次の夏こそ恋人を作りたい!」と考えているのではないでしょうか? そこで、まずはよくある「ひと夏の恋」のエピソードを元に、恋が生まれやすい場所をピックアップしてご紹介します。

  • 海…「ひと夏の恋」の舞台として特によく挙げられます。ビーチで海水浴を楽しんだり、ダイビングをしたり、離島へ足を運んだり。時にはナンパをされることも。海には刺激的な恋の気配を感じる方が多いようです。
  • 海外…一時だけ日本を離れて異国へ旅立つ海外旅行は、運命の出会いに期待が高まるシチュエーションのひとつ。現地で出会った外国人男性と恋に落ちる方も少なくありません。
  • 旅先…普段の生活を忘れて過ごせる、非日常的な旅行の期間。いつもと違う自分を発見できることから、意外な恋愛に発展することもあるようです。
  • フェスなどのイベント…たくさんの人が集まり、みんなでお祭り気分を味わえるイベント。共通の趣味を通じて集まった男女が、その場で意気投合することがよくあります。
  • 同窓会…昔好きだった人や、憧れの先輩と再会のチャンス。あるいは、当時は全く接点のなかった意外な男性と、急接近をすることもあるようです。
  • バーベキュー…準備や後片付けなど共同作業の多いバーベキューには、気になる人との距離を縮めるチャンスがたくさんあります。
  • アルバイト…夏になると、長期休暇を利用して住み込みでリゾートバイトをする方が増えます。現地の男性やお客さんと恋愛関係になることも。

本気の恋愛に発展することはある?

一般的に「ひと夏の恋」は期間限定の“遊び”として捉えられています。しかし、初めは遊びのつもりだったお相手と、結果として本気の恋愛に発展したというケースも少なくないようです! そこで、ここからは「ひと夏の恋」を真剣交際につなげるためのポイントをご紹介します。

共通の趣味を見つける

スポーツをはじめとした長く続けている趣味など、お互いの共通点を見つけてみましょう。趣味を通じてその後の人間関係を築くきっかけになることがあります。

共通の友達を作る

一緒に遊ぶ仲間の輪を広げ、お互いに共通の友達を作ることで、交友関係が長続きすることがあります。改めて“気になる異性”として意識されるかもしれません。

パートナーとしての魅力をアピールする

仕事に一生懸命で頼りになる。家事が得意で共同生活をしやすい。そんな魅力からパートナーとして長く交際したいと考え直し、本気になる男性もいます。

人間関係を深める

お互いの悩みを相談し合ったり、お互いの価値観を共有したり。深みのある人間関係を少しずつ育みましょう。ただし、初めから一方の気持ちが重たくなりすぎると、相手が冷めてしまうことがあるため、慎重さも大切です!

「ひと夏の恋」で気をつけたいこと

photo by Fotolia.com

「ひと夏の恋」を本気の恋愛に発展させる前に、まずはその男性が恋愛対象として相応しいか、冷静に見極めておきましょう。失敗談としてよくあるのが、相手が実は借金をしていたり、実は妻子持ちだったり、実は職場の同僚だったりするケース。お互いの素性が知れない出会いだからこそ、注意しておきたいですよね。
また、あえて「ひと夏の恋」への未練を捨てて、“良い思い出”にしておいたほうが良いケースもあります。夏が終わって再会してみたら「こんな人だったっけ?!」と相手にギャップを感じるのはよくある話。非日常的なリゾート地で魅力的に見えた男性が、日常で同じように魅力的に見えるとは限らないようです。

今回は「ひと夏の恋」が生まれやすい場所や、恋を長続きさせるためのポイントをご紹介しました。本気の交際に発展することもある真夏の恋愛。あくまで冷静な自分を保ちつつ、運命の恋を見つけたと感じたときは、真剣交際でふたりの関係を少しずつ育んでいきましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!