脱・ナチュラルメイク!この夏はオレンジ盛りメイクが流行るんです♡

気温の高い日が増え、ファッションやメイクに少しずつ夏っぽさを取り入れ始めている人は多いのではないでしょうか?この夏のトレンドは、ラメやパールをふんだんに使った“オレンジ盛りメイク”。今回は可愛く見えるメイク法もご紹介します!

オレンジラメをベース使いした深みメイク

ラメを使うときは、メイクの仕上げに涙袋や黒目上にちょんちょんとのせてポイント使いする人が多いと思います。もちろん、そういったラメの使い方も可愛いですが、大人っぽい上品な仕上がりにしたいときは、ラメシャドウをベースとして使うのがおすすめです♡

Instagramで反響の合ったメイクを元に解説させていただきます!

使用コスメ

メイクプロセス

  1. Aを指に取り、上下瞼に塗る
  2. BをAの上に重ねるよう、上下瞼に塗る
  3. Cを目のキワから二重幅・下目尻に入れる
    →下目尻に入れる時は、先の細いブラシに持ちかえると繊細なラインが引けます
  4. よくブレンディングし、お好みでアイライナー・マスカラを塗ったら完成

こちらのメイクで使用したザセムのグラムアイズは、コーラルオレンジにたっぷりと多色ラメが入ったアイシャドウ。ギラギラしすぎるのはちょっと…という時は、ラメシャドウをメイクのスタートに塗り、上からシマーやマットなどの落ち着いた質感のシャドウを重ねることで、ラメの主張がほどよく抑えられた、艶っぽい仕上りになります。

口元はレッドオレンジのマットリップを選び、上品で華やかな仕上がりを目指しましょう。マットリップをつけるときは、リップブラシで輪郭をきちんと縁取り、はみ出さないように塗るのがポイント。このひと手間をかけるだけで、清潔感のあるリップメイクが完成しますよ◎

オレンジ盛りメイクに合うベースメイク

ここ数年はツヤ感重視のベースメイクがメジャーでしたが、この春からセミマット肌がトレンドの兆しを見せています。ほどよくツヤが抑えられたセミマット肌は、崩れにくく幅広い層にウケが良いというメリットも。オレンジなどの派手色とも相性が良く、大人っぽく落ち着いた印象を与えることができます。

崩れにくいセミマット肌の作り方

  1. 洗顔後、念入りに保湿する
    メイク前の段階で水分量と油分量をバランスよく取り込むことで、日中の皮脂が出にくくなり、メイク持ちが良くなります。
  2. 化粧下地を塗り、5分放置
    化粧下地を全顔に塗り、手で顔を包み込むようにして馴染ませます。さらに5分放置することで、より密着度を高めることができ、メイクのノリが良くなり、崩れにくさもアップ。
  3. ファンデーションを少量塗る
    顔の中心から外側に向かって、ファンデーションを少量ずつ伸ばしていきます。量が多いとファンデーションが浮きやすくなるので、少量塗るのがポイント。
  4. Tゾーンにフェイスパウダーをはたく
    皮脂が出やすいTゾーンはフェイスパウダーをはたいておくことで、パウダーが皮脂を吸収し、崩れるリスクを激減させることができます。パウダーを塗布するときは、フェイスブラシを使用し、肌に均一に薄くのせます。

セミマット肌×オレンジ盛りメイクで大人可愛いを目指す!

ビタミンカラーにラメやパールをトッピングしたオレンジ盛りメイクは、これからの季節にもっとも映える組み合わせ♡肌やリップにマットの質感を投入することで、バランスの良いトータルメイクが楽しめるはずです!

Author

熊谷真理
熊谷真理美容ライター、美容系インスタグラマー
ニューヨーク近郊在住のコスメコンシェルジュ。1児のママ。Instagramのフォロワーは2万人超。とくにコンプレックス解消のメイクテクには定評あり。【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!