アラサーズボラ女子必見!オンナとオバサンの境界線メイク

若々しいメイクをしているつもりだろうに、どことなくオバサンっぽく見える…。周りからそんな風に見られていたらすごくショックですよね。今回は女性らしく見えるメイクとオバサンに見られてしまうメイクの境界線、とくに見落としがちなポイントについて考えていきましょう。『ここだけ気をつければ…』というズボラ女子向けの簡単解決法もご紹介できればと思います。

ズボラだけど若々しくありたい

ファンデーションが厚塗り&とにかくマット

ツヤ肌ブームの昨今、ベースメイクの厚塗りは老け見えの大きな原因に。少し前までは、下地→リキッドファンデ→パウダーファンデといった、アラを完全に隠すマットメイクが流行りましたが、今の時代は光の効果でアラをカモフラージュするといったツヤ肌メイクが主流になっています。また、ベースメイクの層が厚くなればなるほど、実はシワに入り込んで年齢が出やすい仕上がりに…。

【解決策】

  1. カラーコントロール機能のある下地で肌色を補正する
  2. 気になる部分のみコンシーラーでポイントカバーする
  3. リキッドファンデーション(パウダーファンデーション)を薄く塗布する
  4. テカりやすい部分のみルースパウダーをブラシでササッとのせる

極細眉&急カーブ眉

トレンドによって変化する眉は、ぜひとも時代の流れに合わせておきたい部分。90年代に流行った細眉やアーチがキツすぎる眉は今や時代遅れかもしれません。今年は太めの控えめアーチ眉がトレンド。眉の太さはほんの数ミリで印象が大きく変わるので、鏡でバランスを見ながら、ベストな形を研究してみてください。

パステルチークを丸く入れる

チークといえば、オレンジやピンク、赤など鮮やかなパステルカラーのチークが一般的でしたが、最近ではベージュやブラウン、モーヴなど、くすみカラーがトレンドに。アラサーを過ぎてくると、パステルカラーのチークだと何となく浮いて見えるような気がしませんか?また、チークを入れる位置も丸く広範囲に入れてしまうと、野暮ったく見られることも。くすみカラーのチークを使用する場合はシェーディング効果も得られるため、いつものチークの位置より気持ち下に入れると今っぽい頬になりますよ♡

コントゥア不足

年齢とともにフェイスラインが崩れたり、顔が痩せて面長になったり、頬の位置が下がったりと、輪郭にまつわる変化が出てきます。そんなときに役立つのがコントゥアリング。通常、コントゥアリングは顔の立体感を出すために使われるテクニックだと思われがちですが、崩れたフェイスラインや間延びして見える額をシェーディングで修正したり、頬骨にハイライトを入れて垂れた頬をリフトアップさせて見せたりと、コントゥアリングは若見えメイクにも効果てきめんなんです。ただ、ここで重要なのがコントゥアリングに使用するカラー。シェードカラーは自分の肌より1~2トーン暗い色、ハイライトカラーは自分の肌より1~2トーン明るい色を使うのがおすすめです。ハイライトはパールがキツすぎない、ナチュラルなものを選ぶと良いでしょう◎

ぼんやりリップ

10〜20代の頃はグロスのみでも可愛く仕上がったリップメイク。ですが、アラサー世代に突入すると、ラフすぎるリップメイクはだらしなく見られることも。また、年とともに唇の色がくすんできたり、口角が下がってくるため、リップライナーで唇の色を補正するなど、輪郭を取ることがとっても大切なんです。リップライナーを使用することで、きちんと感が増すだけでなく、口紅の滲みを予防したり、口紅の色持ちがよくなったりと良いこと尽くめですよ♡

【リップライナーの使い方】

  1. リップライナーは使用する口紅の色に近いカラーを選ぶ
  2. 唇の輪郭を取った後、唇の内側もすべて塗りつぶす
  3. 口紅はリップブラシを使って、輪郭からはみ出さないようにキレイに塗る

脱・オバサンメイクで年相応の抜け感メイクを

若作りにこだわりすぎて、かえって老け見えしたら悲しすぎますよね。年相応の魅力を知ったうえで、女性らしさを引き立たせるメイクを目指しましょう!

Author

熊谷真理
熊谷真理美容ライター、美容系インスタグラマー
ニューヨーク近郊在住のコスメコンシェルジュ。1児のママ。Instagramのフォロワーは2万人超。とくにコンプレックス解消のメイクテクには定評あり。【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!