ニットの相性も抜群☆顔型別アップスタイルのモテメイク

タートルネックやマフラーがマストな冬は、髪をアップにアレンジしている人も多いはず。冬ファッションはアップスタイルとの相性が良く、一気に抜け感が出てこなれた印象になりますよね♡さらに可愛さを追求したい人は、顔型に合わせてメイクを変えるのが正解!今回は5つの顔型の特徴と、メイクのモテポイントをご紹介します。

顔型別アップスタイルモテメイク決定版!

photo by Fotolia.com

まずは理想形とされる卵型の特徴

  • 顔の横の長さと眉から口までの長さが1:1
  • フェイスラインは卵のように丸みがある
  • 額は顎よりは広めで丸みがある
  • 現状のバランスを維持しながらメイクする

  • 【眉】どんな眉でも似合う
  • 【チーク】ニコッと笑ったときに高くなる部分からこめかみにかけて
  • 【シェーディング】髪の生え際・鼻筋・顎下
  • 【イヤリング】お好みのデザインをつけてOK
  • 【アップスタイル時のポイント】基本的にはどんな髪型もOK。ただ、お団子ヘアにする場合はトップにボリュームを出しすぎると面長に見えてしまうので要注意

丸顔の特徴

  • 顔の横の長さと眉から口までの長さが3:2
  • 顔の横幅が広く、丸みのある印象
  • 幼く見える
  • 顔の縦型を引き伸ばし、シャープさをプラス

  • 【眉】気持ち細目・角度をつけてシャープな印象に
  • 【チーク】こめかみから黒目の外側にかけて斜めに入れる
  • 【シェーディング】顔のサイド全体・頬・鼻筋
  • 【イヤリング】長さのあるデザインを
  • 【アップスタイル時のポイント】トップにボリュームを出し、頬の丸みをカバーするように後れ毛を出す。前髪は斜めに分けるかセンター分けが◎

面長の特徴

  • 顔の横の長さと眉から口までの長さが2:3
  • 顔の縦幅が長く、シャープな印象
  • 痩せて見える
  • 顔の横幅をプラスし、チャーミングに見せる

  • 【眉】目の幅よりやや長め、かつ、気持ち太めに
  • 【チーク】耳の真ん中から真横に楕円形に入れる
  • 【シェーディング】髪の生え際・顎
  • 【イヤリング】長さのない丸みのあるデザイン
  • 【アップスタイル時のポイント】髪のサイドを少し引き出し、横幅が広がるように意識する。前髪を作る場合は眉ギリギリくらいの長さがベター。短すぎる前髪はNG

ベース型の特徴

  • 顔の横の長さと眉から口までの長さが2:1
  • 額は広め
  • エラが張っている
  • エラと額の角を削って丸みをプラス

  • 【眉】やや長めの平行直線眉
  • 【チーク】ニコッと笑ったときに高くなる部分から、角度はつけずに楕円形に入れる(面長さんよりはやや上)
  • 【シェーディング】エラ部分にシェーディングを入れる。エラ部分のシェーディングはガッツリ入れても悪目立ちしないため、パウダータイプより肌色より濃いめのスティックファンデやリキッドファンデを使うのがおすすめ
  • 【イヤリング】顔の下側にボリューム感が出にくいデザインのものを。四角や三角などの角のないものが良い。ころんとした丸みのあるフープタイプや丸形など
  • 【アップスタイル時のポイント】エラが隠れるよう後れ毛は多めに取り、アイロンでミックス巻きにして毛先を遊ばせる。前髪は斜め分けが似合う

逆三角形の特徴

  • 顔の横の長さと眉から口までの長さが2:3
  • 顔の上半分は横幅があり、下半分はシャープな印象
  • 頬骨が張っている
  • 顎のシャープさを緩和させ、柔らかい印象に

  • 【眉】角度をつけすぎないアーチ眉
  • 【チーク】頬骨の張りを目立たせないよう、ニコッと笑ったときに高くなる部分を中心に小さな円を描くようにのせる
  • 【シェーディング】額の髪の生え際全体・顎
  • 【イヤリング】下側にボリュームがあるデザイン。しずく型など
  • 【アップスタイル時のポイント】前髪はふんわり巻く。顔回りの毛は少量を残し、軽く巻いておくとシャープさが軽減される

アップスタイルは顔型を意識するだけで可愛さアップ!

いつも何気なくやっているアップヘアもボリュームを出す位置や色ののせ方によって印象を大きく変えることができるんです。自分の顔型を正しく理解して、モテメイクを楽しみましょう♡

Author

熊谷真理
熊谷真理美容ライター、美容系インスタグラマー
ニューヨーク近郊在住のコスメコンシェルジュ。1児のママ。Instagramのフォロワーは2万人超。とくにコンプレックス解消のメイクテクには定評あり。【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!