【プチプラvsデパコス比較】違いを知って使いこなそう☆~アイシャドウ編~

メイクの中でも色遊びを楽しめるプロセスといえば、アイシャドウですよね。新作や限定品が出るたび、買ってしまうという人も少なくないはず。
今回はプチプラとデパコスで色やテクスチャーが似ているアイテムを比較していきたいと思います。どんな差があるのでしょうか…?!

①セザンヌVSシャネル

まずは、パープルとピンク系が印象的な2つのパレットを比べていきたいと思います。第一印象では「シャネル」は大胆な色調で、「セザンヌ」はパステル調のフェミニンなイメージ。では実際に塗り比べていきたいと思います。

検証結果

やはりシャネルは瞼にのせた瞬間から発色の良さに感動。パウダーシャドウなのにツヤ感もあって、さすがの実力を見せつけられました。使い方が難しい濃い目のパープルは、目尻のみにさり気なく入れるか、締め色として目のキワに細く入れるとオシャレな仕上がりに。一方、セザンヌは柔らかめの発色でオフィス向けのナチュラルメイクにピッタリ。粉質はお値段の割にしっとり感があり、発色も良く、満足度の高いアイテムでした。

②elf vs コスメデコルテ

アメリカ発の大人気プチプラコスメの「elf」と、「コスメデコルテ」のベストセラー、アイグロウジェムの比較をしていきます。今回はボルドー系の深いピンクをチョイス。

検証結果

まず、使いやすさの点からいうとコスメデコルテが圧勝でした。アイシャドウに指をすべらせれば適量のシャドウか取れて、単色グラデも手早くキレイに仕上げることができます。一方、elfのメリットとしては、発色と色持ちの良さ。一度塗布してしまえば、擦ったり濡らしたりしても、ヨレの心配はありません。ただ、適量を取るのが少々難しく、アイグロウジェムと比較すると、グラデを作るのに少々時間がかかるのがマイナスポイント。アイシャドウとして使うのが難しい場合は細めのブラシを使用し、ジェルライナーとしてポイント使いするのも可愛くておすすめです♡

③セザンヌvs資生堂

お次はオレンジ・カシス・ベージュ系の3色が入ったアイシャドウパレットの比較です。「セザンヌ」のトーンアップアイシャドウはSNSでも度々見かける大人気商品。「資生堂」のサテンアイカラートリオは知る人ぞ知る名品で、一度手にするとハマる人が続出!?色はそっくりですが、仕上がりはいかに?!

検証結果

どちらのアイシャドウも発色・伸びの良さ・粉質など、文句なしに優秀でした。セザンヌのアイシャドウはしっとりとした粉質で瞼にピタッと密着。ベージュとオレンジは透け感があり、カシスは締め色向きのダークな発色。目のキワから濃い順にグラデを作ればデカ目効果が期待できます。一方、資生堂のアイシャドウはミネラルコスメ並みのライトな粉質で、肌に溶け込むシルキーなテクスチャーは感動もの。とくに中央オレンジのサテンカラーはうっとりするほど美しく、光の角度でニュアンスがガラリと変わる唯一無二の逸品です。

プチプラ・デパコスには両者のメリットがある!

最近ではプチプラの実力も上がってきており、メイクの仕方によってはデパコス顔負けの仕上がりになることも。安いからといって侮るべからず!ご予算や用途に合わせ、プチプラとデパコスを上手く組み合わせて使ってみてくださいね♡

Author

熊谷真理
熊谷真理美容ライター、美容系インスタグラマー
ニューヨーク近郊在住のコスメコンシェルジュ。1児のママ。Instagramのフォロワーは2万人超。とくにコンプレックス解消のメイクテクには定評あり。【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!