【芸能人メイク】高嶺の花の石原さとみさんになりたい!

並外れた美しさと高い演技力で世の人々を魅了している石原さとみさん。30代になって、ますます輝きを増していますよね?今夏放送中の「高嶺の花」では、ヒロインとして名門華道家の令嬢役を熱演中!今回は「高嶺の花」の石原さとみさんメイクを研究し、ご本人の特徴に寄せたメイクに挑戦してみたいと思います。

石原さとみさんメイクに挑戦!

ストレート眉、色はグレー

今回のドラマでは、華道家らしく凛とした雰囲気を出すため、眉はアーチなし・やや上向きのストレート型にされています。また色はグレーとブラウンを混ぜたようなダークトーンに仕上げ、落ち着いた大人の女性を演出。眉を描くときは、アイブロウペンシルで輪郭を取り、パウダーで色を足していくのがおすすめです。最後は必ずスクリューブラシでブレンディングするのも忘れずに。

アイシャドウはヌーディーカラーでナチュラルに

アイホールにはベージュや淡めのピンクのアイシャドウを使用し、目元のトーンをさりげなく明るくしていきます。リキッドアイライナーを目頭側から目尻に向かってタレ目気味に引き、その上から暗めのブラウンシャドウで上に向かってぼかすことでデカ目効果が期待できます。

涙袋はしっかり作る

石原さとみさんの特徴といえば、ぷっくりとした大きな涙袋。涙袋があると目の縦幅が広がって見え、目が大きく見えるんです。涙袋の作り方は、下瞼全体にピンクやゴールドなどのラメシャドウを塗り、涙袋を作りたい部分に薄めのアイライナーかアイシャドウで影を作るだけ。とっても簡単なので毎日メイクにも取り入れてみてくださいね!

まつ毛はあえて上げない

まつ毛はあえてカールさせず、マスカラのみを塗布します。まつ毛の根元からマスカラを塗ることで、目の輪郭がより鮮明になり、目元の印象を強めることができるんです。

チークはローズ系のパウダーを薄く丸く

着物メイクの時はほんのり色づいた?が相性良し。ただ、濃く入れすぎると幼く見えたり、個性的な印象が強くなりすぎるため、ローズ系のパウダーチークをごく少量のせるのがおすすめです。黒目の外側と小鼻の延長線が交わる位置を中心にし、丸く入れていきましょう。

シェーディングは控えめに入れる

顔をすっきり見せたいときに役立つシェーディング。石原さんのメイクを見ると、額(髪の生え際)と鼻筋に控えめにシェーディングを入れているのが分かります。鼻筋にシェーディングを入れる際は、眉の内側から目頭の高さまで入れるのがベスト。ノーズシャドウは鼻筋をすっきり見せたり、目と目の距離を近く見せることができるなど、さまざまな効果が。シェーディングはご自分の肌より1トーン程度低いカラーを選ぶと、悪目立ちせずに自然な仕上がりになります。

ハイライトでツヤ感を

もともと肌が綺麗な石原さんですが、額・Cゾーン・鼻筋・唇の山・顎に光を足すことで、立体感が生まれ、よりイキイキとした肌感に仕上がっています。ハイライトはパールが強すぎるとテカリに見えることもあるため、薄づきのハイライターを選ぶのがおすすめです。

口紅はマットな赤をオーバー目に

石原さとみさんといえば、大きなぽってりリップが印象的。唇より濃いカラーのリップライナーで唇をオーバー目に縁取り、赤リップを塗布していきましょう。着物にはマットリップが好相性

高嶺の花メイクで凛とした女性に変身!

着物を着用している時の石原さんメイクは凛とした、媚びない雰囲気が魅力的。普段の甘めメイクとのギャップにまた新たな一面が開花されたよう?みなさんも高嶺の花メイクで石原さとみさんに近づいてみませんか?

Author

熊谷真理
熊谷真理美容ライター、美容系インスタグラマー
ニューヨーク近郊在住のコスメコンシェルジュ。1児のママ。Instagramのフォロワーは2万人超。とくにコンプレックス解消のメイクテクには定評あり。【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!