じめじめシーズンを乗り越える!梅雨を元気よく過ごすための対策・準備

いよいよ梅雨に向けて雨が多くなる時期が到来します。空が晴れていないと思うだけで、心がどんよりしてきますよね。「雨」を理由に仕事を休むわけにもいかないし、ずっと家にいるわけにもいかない。ダラダラしていたいけれど、梅雨が入っても元気でいられるように気を引き締めないと…。今回は、梅雨も元気よく過ごすための対策・準備を一緒に考えてまいりましょう。

雨の日グッズを新調する

photo by Fotolia.com

梅雨もいつも通り元気よく過ごすためには、雨の日に使うアイテムにこだわりをもつことが大切。ボロボロ気味の折りたたみ傘を使っているなら、明るい色の傘へと買い直してみる。通勤時間が長いなら、トレンチコートに近いオシャレなレインコートを買ってみる。

ほんの些細な変化ですが、雨の日のアイテムを揃え直すことで、モチベーションも変わってきます。ビニール傘を使うよりも、こだわって買っていますから、傘やレインコートにも愛着が湧くようになるんです。いつもより雨が多くなる今の季節だからこそ、レイングッズを見直してみてくださいね♩

晴れたら、運動をする

photo by Fotolia.com

梅雨とはいえ、毎日が雨の日とは限りません。もし晴れる瞬間があったら、その日は運動をしてみてはいかがでしょう。ズボラ女子にとって運動を続けるというのは難しい宿題かもしれませんが、体を動かすだけで頭の重さが軽くなる場合もあります。

ただでさえ湿気が多くなりますから、メンタルも自分が思っている以上に不調になっているはず。せめて晴れの日くらいは、隣町まで散歩したり、数駅手前で下車して自宅まで軽くウォーキングしたりすることで、体のリズムも整ってきますよ。

調子が悪くても、いつものルーティンを守り続ける

photo by Fotolia.com

雨が降ると、低気圧によって心身ともに不調になるズボラ女子も少なくないでしょう。ただでさえダラダラ癖がつき始めているのに、低気圧で体が重くなると、さらに何もかも怠けちゃうモードに。そのモードに入り切る前に雨の日でも、いつもの自分を保っていられるように「習慣」や「ルール」は大切にしましょう。ストイックになりすぎても体調不良の原因になりますが、引き締めないままダラダラと過ごすのも、それはそれで危険!

たとえば「朝、起きたら白湯を飲む」「夜はスマートフォンを触らない」など、自分が心地よいと思えるルーティンを続けてみましょう♩梅雨に入るからこそ、いつものことをコツコツ続けるのが一番です。

自分のルーティンを崩さないのが一番

梅雨に入ると、心も体も悲しみモードに。ズボラ女子にとっては、どうすればモチベーションを落とせず過ごせるかが最大の課題に。雨の日が多くなる前に、自分なりの対策を考えておくと精神的にも楽かもしれませんね。

Author

山口恵理香
山口恵理香コラムニスト・Webライター
1990年、東京都生まれ。ライフスタイル・恋愛記事を中心に人気サイトで執筆中。モットーは「瞬間を生きる」。金髪のグラデーションヘアとCHANELの赤い口紅がトレードマーク。【Twitter

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!