時短&ヘルシー!ズボラ女子におすすめの美容レシピ6選

「ズボラ」でだらしないと言われる女子でも、できるだけ美容に気を使って自炊をしたい! そんなときは、時短&ヘルシーな美容レシピで、簡単な料理から始めてみてはいかがでしょうか? 今回は、ズボラ女子でも簡単にできる、美容レシピのアイデアをご紹介します。

料理は面倒くさい!?ズボラ女子のご飯事情

photo by Fotolia.com

とにかく「面倒くさい!」が口癖のズボラ女子。料理といえば、食材をカットしたり、鍋やフライパンで加熱したり、手間がかかるイメージがありますよね。
それに、料理をしたら後片付けもしなければなりません。洗い物が多いとついつい放置してしまうことも。できるだけ調理器具を使わずに、作ったらそのまま食べられたらいいですよね。実は鍋から直接食べているズボラ女子も少なくないはず!
さらに、仕事で疲れて体力が残っていないときは、料理をするモチベーションがより低くなります。休日はできるだけだらだら過ごしたいし、外出もしたくない……。そんなとき、冷蔵庫にある食材だけで料理ができたらいいですよね。
そんなズボラ女子でも美容にいいご飯を作るには、どうしたらいいのでしょうか? ここからは、必要な調理器具が少なく、短時間で作れるレシピをご紹介します!

美容に嬉しい低カロリーなズボラレシピ3つ

これならズボラ女子でも作れる! ダイエット中などに便利な、低カロリーのズボラレシピを3つご紹介します。

ホットヨーグルト

無糖ヨーグルト(100g)に、はちみつ(大さじ1)、水(大さじ1)を入れて、600Wのレンジで30秒温めたら完成! 温めることでヨーグルトの乳酸菌が活性化し、お腹が冷えにくくなります。便秘や冷え性の改善につながり、美容に効果が期待できるヘルシーなレシピです。さらに、トッピングとしてカットしたバナナを入れたり、グラノーラを入れたりと、ズボラでも作れるアレンジレシピも豊富にあります。

しらたきのパスタ

しらたき(1袋)をお湯で2分ほど茹でて、水を切ったらフライパンに移します。そこへお好みでバター・明太子・海苔を加え、加熱しながら混ぜ合わせたら完成! 炭水化物を控えたいダイエット中におすすめのレシピです。ケチャップと野菜を加えるとナポリタン、生クリームとベーコンを加えるとカルボナーラ風にアレンジも可能。特に作る元気がないときは市販のパスタソースで代用してもOKです!

豆腐の丼

豆腐(1パック)を丼に入れて、600Wのレンジで2~3分加熱し、お好みの食材を入れるだけで完成! おすすめなのは、納豆・長ネギ・ラー油を入れたピリ辛丼です。お茶漬けの素や顆粒スープの素を入れ、お湯をかければお茶漬け風アレンジもできます。お好みで冷蔵庫にある食材と組み合わせてみましょう。必要な調理器具が非常に少なく、作った後はそのまま丼から食べられるのが魅力です。

時短でしっかり栄養をとるズボラレシピ3つ

時短テクニックを活用しつつも、きちんと栄養を摂るためのズボラレシピを3つご紹介します。美容が気になるズボラ女子にもおすすめです。

温野菜

カットした野菜を600Wのレンジで1~2分温めて、市販のドレッシングをかけるだけで、温野菜が完成します! 蒸し器などの調理器具がなくても大丈夫。さらに野菜を洗ったりカットしたりするのが面倒なときは、冷凍の野菜ミックスを使ってもOKです。温かいおかずを1品増やしたいときに、ぜひ活用してみてください。生野菜のサラダが苦手な方でも、野菜を手軽にとれるようになります。

アレンジそうめん

そうめん(1人前)を茹でて器に盛ったら、その上からお好みの量の麺つゆをかけ、カットしたトマト(1個)と納豆(1パック)を載せたら完成です! 大葉を加えても美味しくいただけます。食欲がないときに便利なそうめんですが、上に食材を載せるだけでより多くの栄養を摂れるアレンジレシピになります。茹でた豚肉とネギを載せてごまドレッシングをかける、冷しゃぶ風そうめんもおすすめです。

スープごはん

お好みの野菜をカットして、600Wのレンジで1~2分温めます。丼にお湯(200ml)・和風だしの素(小さじ1)・味噌(大さじ1)を入れて混ぜ、そこへ温めた野菜と鮭フレーク(大さじ2)を入れましょう。最後にご飯(1人前)を混ぜたら完成です! 美容面を重視するなら、酒粕(小さじ1)を加えても良いでしょう。ビタミンやパントテン酸などの栄養素を摂れるようになります。

ズボラ女子が料理をするときのポイント

photo by Fotolia.com

ズボラ女子が料理をするときは、できるだけ後片付けが楽になるような工夫をしましょう。たとえば、食材を耐熱皿に載せてレンジで加熱すれば、そのまま食べられて便利です。鍋を洗う手間が省けるようになります。
また、調理の手間を省くために、冷凍のカット野菜やレトルトのソースを活用するのもポイントです。やる気があるときは生野菜を使うなど、その日の気分に合わせて難易度を調整してみてください。
買い物へ行くのも面倒なら、宅配を活用する手があります。ネットスーパーを利用していなくても、一般的な通販サイトで購入可能な食品もあるようです。ズボラ女子でも無理なくできるところから料理を始めてみましょう!

ズボラ女子はつい外食に頼りがちになり、食費がかさむだけでなく、肌荒れや体重増加など美容面の悩みを抱えてしまうことがあります。自炊をして少しでも美容に気を使いたいときは、ぜひご紹介したレシピをお試しください!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!