気持ちを引き締めて!新年度シーズンだから気をつけたいズボラ女子ならではの仕草・行動

春から初夏にかけては、まさに新年度シーズン。今までとは違う場所で働く人もいれば、新しい環境に飛び込んでいかなければいけない人もいるでしょう。昔から「春眠暁を覚えず」といいますが、春だからといって、ゆるみすぎていると、それは決定的なミスにも繋がる可能性も…。

女友達からのLINEを既読無視したままSNSを更新する

photo by Fotolia

春は、どうしても頭がぼ~っとしますよね。花粉症がひどく、薬を飲むと、さらに眠くなり、どうしても細かい部分をスルーしがちな人も少なくないはずです。

たとえば友達からのLINEが届いているというのに、長期間、既読無視をしたままになっていませんか?きっと送った側は「私、なにかしちゃったかしら」と心配になっているはずです。既読無視をしたままなのに、SNSを更新していたら、それは相手に対し「私は、あえて既読無視をしています」といった間違った情報を発信していることになっているかも。彼女からのLINEが、今すぐ返信できない内容なら「落ち着いたら連絡するね」「今は忙しくて、ちょっと待っていてね」とお断りを入れておくと、ズボラを回避しマナー的にもよりよいかもしれませんね。

出勤時間ギリギリで会社に到着する

新年度がスタートすると、あまりの忙しさに仕事に対して拒否反応がでる人もいます。新しい場所にどうしても馴染めなくなると、そもそも出社するのが大変だったり…。ようやくの思いで起床しても、メイクをするまでに数十分かかる日々。日に日に出勤時間が遅くなっているなら、遅刻をする前に流れを変えちゃいましょう。

いきなり出社するのではなく、近くのカフェで休憩する時間をとるとか、少し早めに出社して、誰もいないうちに仕事を進めておくとか。小さな変化をもたらしていけば、ズボラ女子認定もされず、ギリギリ癖も少しずつなくなっていきますよ。

深夜になってから、彼に不満を言いはじめる

photo by Fotolia

新年度を迎え、忙しいのは彼も同じ。毎日、仕事に追われてばかりで、なかなか彼との時間がとれない。そんなストレスを彼に投げていませんか?

優しい彼のことですから、おそらくギリギリになるまで怒らずに、感情を溜めているでしょう。しかし、彼にも限界がきたら「勝手にしろ!」と言われちゃうかも…。とくに深夜になってから彼に対して不平不満を言ってしまう流れになっているなら、今すぐその習慣を改めること。日中に忙しくしているからこそ、せめて夜はゆっくり休みたいと彼も思っているはずです。

どうしても彼に甘えたくなるときがあるなら、LINEや電話を通してではなく、直接会えるときに伝えるのが一番ですよ。

気持ちを自分なりの方法で切り替えてみよう!

新年度シーズンは、誰もが忙しく、生活そのものが落ち着きません。今だからこそ抱えてしまうストレスも発生するものですよね。ズボラになりやすい時期ですが、決してズボラが悪いわけではなく、忙しいときほど注意散漫にならないように、ここで、もう一度、気持ちを引き締めておきましょう。

Author

山口恵理香
山口恵理香コラムニスト・Webライター
1990年、東京都生まれ。ライフスタイル・恋愛記事を中心に人気サイトで執筆中。モットーは「瞬間を生きる」。金髪のグラデーションヘアとCHANELの赤い口紅がトレードマーク。【Twitter

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!