大人に決めるならドット柄★シースルー靴下の取り入れ方ベスト5

透け感のあるシースルー靴下はバリエーションがさらに増え、この夏、ますます注目度が高まっています。「子供っぽくなってしまうから靴下は苦手」という人も、シースルーなら女性らしく履きこなせます♪なかでも大人っぽく取り入れたい人におすすめなのは、甘すぎず、個性的すぎないドット柄。そこで、ドット柄のシースルー靴下を例に、取り入れ方を5つご紹介します。

シースルー靴下の取り入れ方ベスト5

黒いヒール靴と合わせて、モードに決める♪

定番の黒いヒール靴ですが、シースルー靴下を合わせるだけでモードな雰囲気がただよい、いつもと違ったおしゃれを楽しむことができます。より今年らしく履きこなしたい人は、ストラップ付きの靴などクラシカルなエッセンスを取り入れてください。

バレエシューズと合わせてガーリーに

デートなど、より女性らしさを意識したい日は、ホワイト系のシースルー靴下がおすすめ。バレエシューズを合わせると、よりフェミニンさを出すことができます。赤い靴を選ぶなど、差し色を加えることで華やかな印象にまとめることができます。かごバッグのほか、ポシェットなどミニバッグと合わせるとよりデート感を出すことができます。

定番スカートと合わせてセンスアップ

チュールスカートやプリーツスカートなど、コーデがかぶりがちな人気のスカートも、シースルー靴下を合わせることで鮮度の高い着こなしになります。スカートの裾と靴下の間に肌をのぞかせると抜け感が生まれてスッキリ履きこなすことができます。

いつものデニムに合わせてレディに履きこなす

デニムもシースルー靴下を合わせてることで、いつもと雰囲気の違う着こなしになります。きれいめに履きこなすならスキニータイプ、こなれさせたいならボーイフレンドタイプ、センスアップをはかるならマムタイプがおすすめです。

カジュアルボトムのエッセンスに

カジュアル要素の強いチノスカートも、シースルー靴下を投入することで女性らしさをプラスすることができます。レースアップなどのシューズにもこだわることで、より上級者の着こなしに★服のコーディネートをシンプルにすることで全体の完成度が高まります。

好みに合わせてデザインをセレクトしよう!

今回は取り入れやすいドット柄のシースルー靴下を例にご紹介しましたが、よりクールに履きこなしたい人はストライブ、甘さを出したい人はレースなど、いつもの自分のテイストに合わせてセレクトしてください。ストライプなら細めや主張しすぎないグレーなどのニュアンスカラー、レースはブラウン系など甘すぎず大人に履けるものが使いやすくておすすめです♪

Author

りんご
りんごファッションライター
ファッション、美容、旅行が専門のフリーライター。ライターのほか、美肌食マイスターとして、簡単にできる栄養たっぷりのおうちごはんを研究中。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!