低身長でも痩せ型でも大丈夫!日本人の体型に合わせた水着えらび

もうすぐゴールデンウィークですね!私は、日本から海外に出るまでの飛行機代が泣けるほど高いので、今年は国内でゆっくり仕事をすることに決めました。でも、水着は買いました。水着があればバカンスの予定は後からでも付いてきます!

ということで、今回は「水着えらび」です。手頃なファストファッションでサクッと探すのもオススメですが、私からは海外ブランドの水着を紹介したいと思います。凝ったシルエットや、良質な生地、お尻が可愛く見えるブランドがいっぱいあるんです。

きっかけは「リボンビキニ」

私が「水着は海外派」になったきっかけは、数年前に、インスタか何かで見かけた「リボンビキニ」です。ヒップの部分に大きなリボンがついたデザインなのに、色やシルエットが甘すぎず「絶対欲しい!」となりました。Lolli swim(ロリスイム)というブランドです。が、日本で取り扱っているショップは見つからず…。アメリカのECサイトが日本への発送も対応していたので、そちらで注文しました。今でもリボンビキニは宝物です。

無事ちゃんと届きましたが、関税の支払い(衣類の場合、1万円を越えると10%ほどの関税がかかります。確か支払いの用紙が別途届いて、コンビニに支払いに行きました)や、「ほんとに届くの?いつ?」と言った心配もあり「来年もここで買うぞ」という気持ちにはなりませんでした。

なので、最近もっぱら海外に行ったついでに探したり、国内で輸入物の水着を取り扱うショップで買ったりしています。

三角ビキニは、意外と体型に合う!

photo by Fotolia.com

「インポート水着」というと「日本人の体型に合わないかも」と思うかもしれませんが、紐で調整するタイプの三角ビキニは、実は失敗なしで着こなせます。それに、面積が小さなビキニの方が、小柄な方でも「着られてる感」がないんですよね。そして、国内産のものよりはるかに「お尻」へのこだわりが強いので、お尻が綺麗に脚が長く見える効果も。お尻を鍛えたくなります。

反対に、デザイン性にこだわりまくったビキニやワンピース型は、少し覚悟が要るかと思います(見るぶんには可愛いんですが…)。

隠すなんてもったいない!

「ビキニなんて」と言う女友達は大勢いますが、一度着てしまえばすごく楽しいです。特に、海外のビーチに行くと、おばあちゃんでもビキニ姿で海岸を散歩していますし、痩せた人も、ふくよかな人も、どんな肌の色の人も、ビキニ姿でのんびり過ごしています。自分の体がとっても愛しくなりますよ!ダイエットやトレーニングへのモチベーションづくりにも最適です。ということで、ビキニ、おすすめです。

Author

ユカワレイ
ユカワレイ美容ライター
都内のデジタル関連企業でディレクターとして働くOL兼ライター。ガジェットや書籍のコラムを書きつつ、頭はコスメと筋トレと水着のことでいっぱい。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!